組合の種類と事業

>組合設立ガイド カテゴリー
組合の必要性 組合設立 組合運営 中央会実施事業 組合の種類と事業

組合の種類と事業

【更新: 2011年07月28日】
 中小企業の組合は、それぞれ法律によって設立されており、いくつかの種類がありますが、その主なものは下記のとおりです。
  中小企業の経営の合理化と取引条件の改善等を図るため最も利用され普及している「事業協同組合」、参加する中小企業の事業を統合する「企業組合」及び「協業組合」、業界全体の改善発展を図る「商工組合」、商店街の商業者等の「商店街振興組合」、飲食業、旅館業、クリーニング業、理・美容業などの生活衛生業種の「生活衛生同業組合」等があります。
  これらの組合は、設立目的に応じて自由に選ぶことができますし、加入資格があれば既存の組合に加入することもできます。